嘉悦孝子伝 
前頁 | 次頁 

嘉悦孝子伝  ─明治・大正・昭和三代を生きた女流教育家─  嘉悦康人著

目 次

第一章 大鵬となるや果して鷹一羽

第二章
鷹から孝に

第三章
広取塾の毛虫っ娘

第四章
孝は百行の基なり

第五章
政治家の父と娘と

第六章
夢の東京たい

第七章
良き師、良き友

第八章
ここに知己ありて

第九章
教師の端くればい

第十章
女ごん先生ふるさとへ

第十一章
氏房、代議士となる
第十二章 ふたたび東都に

第十三章
成女学校と孝と

第十四章
私立女子商業設立

第十五章
“怒るな働け”たい

第十六章
「貸間にでもしたら」

第十七章
“どぎゃんすればよかね”

第十八章
花の日会

第十九章
“ゴバチャン”と信仰

第二十章
大正から昭和へ

第二十一章
教壇生活五十年

第二十二章
敗れたる祖国と共に



あとがき

嘉悦孝子伝 
前頁 | 次頁